なぜ債務整理は弁護士に頼むのか?

さてここまで、様々な債務整理の方法を説明してきましたが、司法書士や弁護士に相談、依頼とコメントしてきました。
なぜ債務整理は法律家に頼まなければならないのでしょうか?手続きを自分でやることは不可能なのでしょうか?
いえ、もちろんご自分でやれない事はないでしょう。ですが、弁護士に債務整理を頼む方がスムースに進むのは当然だと理解していただけますでしょうか?
弁護士に依頼すると、まず第一に、取り立て行為ができなくなるからです。金融庁でそのように取り決めしてあるため、一度弁護士が受任すると、債務者の督促などは一切禁止となります。そして直接、債務者とのやり取りはできなくなるのです。
いやな取り立てや、督促が普段のストレスにはなっていませんか?しつこい電話ももうなくなります。まずその苦しみから解放されるだけでも大きいのではないでしょうか?
もし個人で、任意整理をしようとして和解を求めても、「借りたものは返しなさい」と当然のことを言われて、聞き入れてはもらえないでしょう。友人、親戚などはもちろん、部外者扱いです。さらに個人情報ということで、一切のやりとりもしないと思われます。
こういう場合第三者。さらに法律上有利な弁護士が一番の助けになるのです。
そして、金銭の貸し借りですから、法律がかならず絡んできます。消費者金融にはもちろん法律があっての上で、お金を貸す事ができるのです。その法律をご自身で色々勉強されるのはもちろん良い事なのですが、多大な努力が必要になります。さらに相手はプロですから、こちらもプロが対抗するに越したことありません。
さらに全ての消費者金融が法律を守って貸しているわけではありません。よくあるのが利息制限法違反です。これは罰せられることが無いために、ぎりぎりまで利息を付けて貸そうとする、金融業者の思惑なのです。ですが、一般の方はそんな法律知りませんよね?利息制限違反をしていれば、おおよそ、過払い金が発生しているでしょうから、過払い請求を起こす手続きもした方がよいでしょう。
こちらも基本、金融業者とのやりとりですから、法律に熟知した弁護士が対応したほうが、対等に、もしくは有利に対決できるわけです。
債務整理を弁護士に頼むのはもちろん無料ではありません。ボランティアではないのですから。いくらか資金がかかります。ですが、自分でやろうとすると難しい、あるいは不可能かもしれない。でもある程度の資金で債務整理の手助けをしてもらって、借金が減る事ができるならば、それも必要経費なのではないでしょうか?

悩まずまずは相談してください。あなたの借金を債務整理ですっきりさせてみませんか?

pickup

港区のハウスクリーニング 
オーデマ ピゲ 買取

Last update:2017/3/16