過払い請求とは?

過払い金とはなんでしょうか?字を見ると払いすぎたお金?ってことになりますね。借金をしていて実はすでに払いすぎていたなんて事があるとしたら、いままでの苦労はなんだったのか?すでに終わっているのに払っていたなんて!と怒りもこみあげてくるかもしれません。
ここではそういった場合も実際ありますので、詳しく説明していきたいと思います。
過払い金とは債務者が借金返済に対して債権者に払い過ぎたお金のことです。これは債務者が闇金業者のような悪質な消費者金融等から利息制限法の利率を越える利息で借入れをしている場合、利息制限法に引き直し計算をしてみた時に、その過剰な利息分が判明するわけです。そしてその過剰分は法律上支払うべき借金ではありません。気づけばその過剰利子分で元本を返し切っていたなんて事もありえる話なのです。払わなくてよい借金を支払っていたなんて事があなたに起っていたら?任意整理をするとそれが発生しているのかどうかがわかります。心配な人は一度法律家に借金の任意整理の相談をしてみるのがよいでしょう。
この過払い金という払いすぎた借金を返してもらいたくないですか?どのくらいの期間をかけて借金返済を行ったか?そしてどのくらい借金を返済できているか?を調べることで、全貌が分かってきます。もし金融業者が利息制限法以上の利息をつけていたら、それは違法行為ですから、任意整理をしている場合はその過剰分を取り戻すことができます。
もし高すぎる利子で苦しんでいるかたがいらっしゃるなら、それは確実に損をしています。一度ご確認ください。もちろん、利息の上限以内で借金返済を行っているならば、過払い金は発生していないでしょうから、過払い金請求なんて事もありません。この過払い金は最近利息制限の法律ができてから、頻繁に見直されるようになりました。ですがまだまだ知らないで、高い利子を払い続けている人達がたくさんいます。任意整理を行った人しか分からない事なので、その費用はかかりますが、この先もずっと払い続ける事を考えるならば、一刻もはやく見直した方がいいでしょう。また、もちろんそもそも借金なんてしないのが一番です。借金の理由も様々でしょうが、自業自得な人もいれば、どうしようもない状況で借金をせざるを得なかった人達もたくさんいらっしゃるでしょう。ですが借金は返すのが前提のお金です。借りる前に、返す事もしっかりと頭にいれて、利子などよく確認するのが基本です。

もしあなたが、5年以上の借金返済歴があるのなら、過払い金が発生している可能性はあります。そして7年以上経っているなら、過払い金は相当な額発生しているかもしれません。もちろん、必ずではありませんよ。可能性が高いということです。借金返済にはそれぞれの内容がありますから、何年できまることではありませんので、ですがそれくらい借金返済されているなら、任意整理してみる価値は十分あるでしょう。

Favorite

2016/8/31 更新