個人再生とは?

債務整理の借金返済にあったって、これまで、任意整理、自己破産と説明してきましたが、最後に一般的にメジャーな「個人再生」という借金返済方法をご説明します。
個人再生とは、裁判所で手続きして、借金を大幅に減らしてもらい、残額を基本3年で分割して支払っていく方法です。
こちらは任意整理と同じで、借金を減らして残りを着実に、そして短期間に反していくという、借金返済計画になります。
それぞれの特徴があります。
自己破産すると借金はなくなりますが、自宅や一部財産までも失うと言う事はご説明しました。さらに宅地建物取引主任者や生命保険外務員などの資格までも失効してしまいます。これらを職業にしているかたは、自己破産という方法をとると、この先の生活や安定収入と言った面で大きく影響してしましますよね。個人再生とは、これら失ってしまうものを失わずに済む方法です。このような人のために、自宅も失わず、資格も失わないで借金を減額し、返済していくようにする手続きが個人再生です。
そして個人再生にも条件があります。
まず住宅ローン以外の借金が5000万円以下であること。そして毎月安定収入が見込まれている方であること。そして3年間で借金返済をしていける見込みがあること。これらが主な条件となります。
そして個人再生には二つの種類があります。給与所得者が対象となる「給与所得者等再生手続」が一つ、それ以外の安定収入がある方が対象となる「小規模個人再生手続」です。

自宅を持っていられる方、住宅ローンをお持ちの方は、こちらも条件がありますが、「住宅ローン特例」を利用して住宅を守ることができます。借金を減額して、さらに住宅を守りながら借金を返済していく。人生を再建、スタートしていけるのが債務整理の個人再生なのです。もちろん3年という期間を目安に、しっかりと借金を返済していくという強い意志が必要です。

Last update:2015/6/11